2017年8月1日火曜日

和歌文学館企画展「岐阜県歌壇史をひもとくー第1期1945年~1954年」

今年の和歌文学館企画展は、「岐阜県歌壇史をひもとく」の第1回目として、1945年~1954年を中心に開催します。

第二次世界大戦の終戦後、いち早く短歌雑誌を刊行した人々の思い、現在の岐阜歌壇につながるグループの草創期の様子を、「新・岐阜県歌壇史」(岐阜新聞掲載中)をもとに読み解きます。
「岐阜歌人」「山那美(やまなみ)」「飛騨短歌」を中心に展示します。郡上市の方にとっては、「山那美」の表紙を飾った郡上市八幡町出身の水谷清の原画も見どころです。

ぜひご観覧ください。


■ 会期
平成29年7月15日(土)~11月30日(木) 
9:00~17:00(16:30までにご入館ください)
※期間中、火曜定休

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 和歌文学館

■ 入館料
大人310円、小中学生100円
※東氏記念館・大和文化財収蔵展示館との共通券になります。
※20名以上の場合は大人260円、小中学生100円です。未就学児は無料。

■ お知らせ
◎7月15日(土)13:30~第5回古今伝授の里・現代短歌フォーラムを、本展をもとに開催します。
◎10月29日(日)13:00~古今伝授の里短歌大会を大和生涯学習センターにて開催。同日午前には、日本歌人クラブ東海ブロック主催の「古今伝授の里吟行会」を開催します。吟行会は事前申し込み制・参加費1500円が必要ですが、この企画展もご覧いただける入館券もセットになっています。詳しくは古今伝授の里フィールドミュージアムまでお問合せください。(電話0575-88-3244)


■ 展示の詳しい内容(チラシより)
 194510月に岐阜歌人協会が、翌11月には飛騨短歌が結成された。終戦ほどない時期に、新しい歌人団体が次々と生まれたのは、戦時中の紙不足による歌誌統合で、拠り所をなくした歌人たちが、再び活動を始めたあらわれでもあった。県内各地で短歌雑誌が発行され、その様子は「リトルマガジン」の叢生期といっても過言ではない。
 岐阜の歌人らは、内側に閉じこもることなく、主体性をもって全国歌壇とつながり、短歌雑誌発行を通じて、県内各地にグループを形成していった。こうして戦後の岐阜歌壇は形づくられてゆくのである。
 20164月、岐阜新聞で「新・岐阜県歌壇史」がスタートした。執筆者は小塩卓哉氏である。199211月から20015月まで同紙上で連載された小瀬洋喜氏の「岐阜歌壇史」を引き継いでのことである。小塩氏の「新・岐阜県歌壇史」は、まず1945年を起点に現代までを解き明かし、いずれは明治中盤から終戦までの「近代短歌」、江戸時代から明治中盤までの「近世和歌」と遡り、惜しくも近世初期で中断した小瀬氏の「岐阜歌壇史」につなげる見通しだという。
 今回の企画展は、この小塩氏の「新・岐阜県歌壇史」を基に、岐阜歌壇史をひもといてゆく第1回目の展示会である。1945年から1954年の戦後まもな岐阜歌壇の動向にスポットをあてる。





■ お問合せ
古今伝授の里フィールドミュージアム
電話(0575)88-3244
FAX(0575)88-4692



0 件のコメント:

コメントを投稿