2021年9月1日水曜日

【延期】郡上東氏800年・古今伝授550年祭 記念式典・記念講演会「中世の武士と和歌」

 ※岐阜県への緊急事態宣言が延長されたことから、9月20日に予定しておりました記念式典・記念講演会「中世の武士と和歌」は、来年3月21日に延期することとなりました。詳しくは近づきましたらお知らせします。ご理解のうえ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。


郡上東氏800年・古今伝授550年祭の記念式典と記念講演会を開催します。

なお、新型コロナウィルス感染症予防として定員を少なくする都合上、関係者をのぞいては郡上市民の方のみ、ご参加いただけます。参加を希望される方は事前に古今伝授の里フィールドミュージアムまでお申し込みください。


■期日

令和3年9月20日(月・祝)13時から15時30分(終了予定)


■会場

郡上市総合文化センター 文化ホール

(郡上市八幡町島谷207-1)


■定員

300名(※収容人数の半数とします)


■内容

□記念講演会「中世の武士と和歌」

命がけの戦乱に明け暮れる武士たちにとっての和歌とは何だったのか。そもそも日本人にとっての和歌とは何なのだろうか。

花の室町、力をつけた各地の新興の武士たちも、和歌、蹴鞠、茶の湯などをたしなみましたが、それはどういった理由からなのでしょうか。

鎌倉期以来の文学的伝統を誇る「郡上東氏」とはどのような存在だったのでしょういか。

室町後半から戦国時代にかけての、武士たちにとっての和歌、古今伝授の価値を、和歌の本質に立ち返りながら探ります。

 

・講師

小和田哲男氏(歴史家、静岡大学名誉教授)

佐佐木幸綱氏(歌人、早稲田大学名誉教授)

竹島一希氏(国文学者、京都府立大学准教授)

 

□記念式典

東氏ゆかりの市町である千葉市長様、香取市長様、東庄町長様らからご祝辞を頂戴する予定です。(新型コロナウィルス感染症予防のためビデオメッセージの方もいらっしゃいます)


■お申し込み

・郡上市民の方に限ります。

・先着順です。

・必ずお申込みください。

・お申込み時には、お名前、郵便番号、ご住所、電話番号(できれば携帯電話番号)をお伝えください。一度に2名様までお申し込みいただけますが、2名でお申し込みの場合は、もう1方のお名前、ご住所、電話番号などをお伝えください。

・次のいずれかでご連絡ください。

電話 0575-88-3244(古今伝授の里フィールドミュージアム、火曜休館)

メール kokin   city.gujo.lg.jp (cityの前に@を入れてください)

 

■新型コロナウィルス感染症予防対策へのご協力のお願い

・参加の際は、マスク着用、手指消毒、検温へのご協力をお願いします。

・参加にあたっては、おおむね2週間前から、感染リスクが高いといわれる行動を控えたうえでご参加ください。

・2週間以内に、発熱、咳などの症状が出た方は、念のため参加をお控えください。

・当日の参加者の方、同じ時間帯に同じ施設内にいらっしゃった方の中から、新型コロナウイルス感染症の陽性反応者が確認された場合は、お名前等を岐阜県等へ提供します。また、保健所の調査には必ずご協力ください。

 

■お問い合わせ

古今伝授の里フィールドミュージアム

電話(0575)88-3244(火曜休館)

0 件のコメント:

コメントを投稿