2020年6月28日日曜日

講演会「明智光秀と連歌」

「本能寺の変」の直前、明智光秀が京都・愛宕神社の連歌会で詠んだ発句「ときは今天が下しる五月哉」は、「本能寺の変」を示唆したものという解釈もある有名な一句です。

また、明智光秀の盟友とされる細川藤孝(幽斎)は連歌や和歌、茶の湯をたしなむとともに、『古今和歌集』の解釈等を秘伝する「古今伝授」を担った当代きっての文化人でした。
   
 戦国武将たちにとって連歌などの文芸は どのような意味をもったのでしょうか。
 「ときは今」の句はどう解釈できるのでしょうか。

歴史学と国文学とを研究し、現代の「旅する連歌師」としても名高い「鶴崎裕雄先生」にわかりやすくお話しいただきます。

なお、これに関連した展示を、和歌文学館で6月1日~8月31日まで開催しています。あわせてご覧ください。


■ 日 時
令和2年7月11日(土)13:30~15:00

■ 会 場
古今伝授の里フィールドミュージアム
短歌の里交流館よぶこどり 研修室

■ 講 師
鶴崎 裕雄 氏
(帝塚山学院大学名誉教授、古今伝授の里フィールドミュージアム学術アドバイザー)
※各地の連歌会で「宗匠」をされています。歴史学者であり、国文学者でもあります。

■ 定 員
30名(事前申込制・先着順・人数に達し次第締め切ります。)

■ 申し込み
必ず古今伝授の里フィールドミュージアムあてにお申し込みください。
その際、お名前(フルネーム)、ご住所、連絡先電話番号、参加人数をお伝えください。
定員に達し次第、締め切りますので、お早目にお申し込みください。

■ 参加費
無 料

■ 新型コロナウィルス感染症予防策として、次の点にご協力ください。
・事前申込制で、定員は30人とします。
・体調が悪い方は参加をご遠慮ください。来館される前に、検温をするなどしてご自身の体調を把握してください。
・講演会当日の7月11日の2週間以内に、発熱や咳などの症状が出た方は、参加をお控えくださいますようお願いもうしあげます。
・ご欠席の場合は、当日でも結構ですので、必ずご連絡ください。
・当日は、マスクを持参、着用して参加してください。
・入口での手指消毒にご協力ください。
・換気のために窓を開けますので、羽織りものなどは各自ご持参ください。

■ その他
今後の状況でやむを得ず中止となる場合は、HPなどで告知しますし、講演会参加申込者の方にはこちらから連絡します。

■ 連絡先・申し込み先
古今伝授の里フィールドミュージアム
電話 0575-88-3244(9:00~17:00、火曜日定休) 
FAX 0575-88-4692
〒501-4608 岐阜県郡上市大和町牧912番地1 
休館日/火曜定休・火曜日が祝日の場合は翌平日振替休館 
長良川鉄道「徳永」駅から徒歩約20分、東海北陸自動車道「ぎふ大和」ICから車で約7分


クリックするとPDFが開きます





和歌文学館特別展示 「中世の文芸・連歌-“愛宕百韻”を中心に―」  

今年、特に注目を集めている戦国武将・明智光秀。いくつかの歴史小説やドラマでは本能寺の変の直前に連歌会を開き、織田信長への謀反の決意を込めた発句を詠む場面が描かれています。

実際に謀反の思いを込めたのかどうかはわかりませんが、明智光秀が発句を詠んだ連歌の会とは、どのようなものだったのでしょうか。
連歌は、江戸時代まではひろく親しまれていましたが、明治以降は急速に衰退したので、現在ではあまり知られていません。
連歌は、当地にゆかりの深い文芸なので、より多くの皆様に知っていただきたいと、今回、明智光秀の連歌「愛宕百韻」を一つの材料に、連歌をご紹介します。
なお、今回の展示品は、連歌や和歌史を専門とされた当館の文学顧問・島津忠夫博士(大阪大学名誉教授)の所蔵図書から成る「島津忠夫文庫」のものです。期間限定で展示します。

なお、関連する講演会を7月11日に開催します。(詳しくは「講演会『明智光秀と連歌』」をご覧ください。

■ 会 期
令和2年6月3日(水)~8月31日(月) 9:00~17:00 ※ 会期中、火曜定休
■ 会 場
古今伝授の里フィールドミュージアム 和歌文学館

■ 内 容  
室町後期から江戸初期の「連歌懐紙」、明智光秀が発句を詠んだ「愛宕百韻」参加者の文物、当時を代表する文人・三条西実隆や細川幽斎の文物等を展示。
■ 入館料  
高校生以上320円 小中学生110円 
※ 通常の入館料と同じです。東氏記念館・大和文化財収蔵展示館にも入館できます。

■ その他  
東氏記念館では、織田信長の「麒麟」の花押の文書や細川幽斎らの直筆短冊も展示中です。

■ 新型コロナウィルス感染症拡大防止策にご協力ください。
・体調が悪い方は入館をご遠慮ください。
・マスクを持参、着用してご入館ください。
・換気のため窓を開けていますので、冷房の効きがよくないことが想定されます。クールビズでお越しください。
・入口での手指消毒にご協力ください。
・入館者を10人程度に制限しています。それを超える場合は、お待ちいただきますので、あらかじめご了承ください。

■ お問い合せ
古今伝授の里フィールドミュージアム
電話 0575-88-3244(9:0~17:00/火曜定休)
FAX 0575-88-4692






2020年6月26日金曜日

はじめてのわかりやすい「短歌教室」【7月】

定員に達しましたので、新規参加者の募集はいったん停止します。「どうしても参加したい!」とう方が増えた場合は、別の日時を設定することも検討中です。参加希望者の方は、そうした希望だけでも、まずはお伝えいただければ幸いです。
※現在の参加者の方のために、ホームページの情報更新はいたしますのでご了承ください。

----------------------------------------------------

「短歌」って難しい?いえいえ、日本語だから大丈夫です。短歌を作りましょう♪
毎日の暮らしの中のちょっとした感動を、日記がわりに「5・7・5・7・7」の31文字で綴ってみましょう。話し言葉を少し整えるだけで「短歌」の形式になりますよ。
よろこびは、あせることのない思い出として刻まれます。かなしみは、31文字に綴る中で気持ちの整理がつくこともあります。きっと、自分を、周囲を見つめるとてもよい機会になりますよ。(SNSでも就活でも相手に伝える力は大切です、表現力も身についていきますよ!)

短歌に興味のかる方ならどなたでも参加いただけます。初心者の方、授業で習ったきりという方、大歓迎です。小学生や中学生、高校生の方も、保護者の方の同意があればご参加いただけます。
ぜひお気軽にご参加ください。

■ 日常をこんな風に「31文字」で表現できます!
みてみて!初めて「あんよ」ができたよ!
 →「しっかりと土ふみしめるキミの足 あんよができたきょうは記念日」
ほろ苦い山菜…おかあさんを思い出すわ…
 →「ほろ苦さ口にひろがるフキノトウ 母は今ごろなにしてるだろう」


■ 開催日
2020年6月より原則毎月第1土曜日13:30~15:00に開催しています。
*次回は7月4日(土)に開催します。
*以降、8月1日、9月12日、10月3日、11月7日、12月5日、1月30日、3月6日に開催予定です。変更になることがあります。

■ 会  場
篠脇山荘

■ 参加費
1回400円(コーヒー・ジュースのいずれかがつきます/当日集めます)

■ 講 師
清水春美さん(大和町内の小学校での短歌指導者)

■ 参加資格
短歌に興味のある方ならどなたでも!初めての方、大歓迎です♪
小学校や中学校で習ったきり…という方もぜひ!親子で参加してみませんか?
小中学生や高校生など未成年の方は保護者の同意があれば参加できます。

■ 参加形態
毎回参加はもちろん、参加できるときのみの参加でもOKです。

■ 持ち物
筆記用具

■ 特 典
連続ではなくても5回参加いただくと、コーヒーまたはジュースが1回分無料となります。
(参加のしるしとなるスタンプカードを差し上げます。スタンプカードに5個、スタンプがたまると1回分のコーヒーまたはジュースが無料となります。)

■ 定 員
13名
(新型コロナウィルス感染症対策として、篠脇山荘の利用人数を制限しています。これにより「短歌教室」も定員を設けています。初めて参加される方は、空き状況があるかどうか必ずご確認のうえ、ご参加ください。)

■ お申し込み
3日前までに電話・メール・FAX等でお申込みください。
(お名前・ご住所・電話番号・年齢をお伝えください。)

■ 新型コロナウィルス感染症対策にご協力ください
・体調が悪い方は参加をご遠慮ください。
・マスクを持参、着用して参加してください。
・筆記用具をご持参ください。
・入口での手指消毒にご協力ください。
・換気のために窓を開けますので、羽織りものなどは各自ご持参ください。

■ 申し込み先・お問合せ先
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL 0575-88-3244
(火曜休館・火曜が祝日の場合は翌平日休館/9:00~17:00) 
FAX  0575-88-4692