2021年9月2日木曜日

【開催中】郡上東氏800年・古今伝授550年祭 特別展「下総と郡上の八百年(やおとせ)の縁(えにし)」

 今年は中世の当地の領主一族・東氏が、承久3年(1221年)の「承久の乱」の戦功で当地を加領されて800年です。これを記念し、いわば東氏の出身地ともいえる下総国香取郡東庄(東荘、現在の千葉県北部)から、東氏ゆかりの文化遺産をお借りして展示する、特別展を開催します。

東氏が結ぶ800年の縁をぜひ辿ってみてください。


 

■主な展示品

・下飯田の獅子頭(現・香取市原宿区所蔵)と明建神社の獅子頭

・木造妙見菩薩立像(東庄町所蔵、鎌倉時代の作)

・伝東常縁の和歌の掛け軸(東庄町・東大社所蔵)

・のちに初代郡上藩主となる遠藤慶隆から東大社への寄進状写 ほか

 

■期間

令和3年9月1日(水)から9月27日(月)9:00~17:00

※期間中、火曜日休館

※最終入館は16:30までにお願いします


■会場

古今伝授の里フィールドミュージアム 東氏記念館

※東氏記念館内の一つのコーナーを展示替えして展示しています。


■入館料

大人320円、小人110円

※通常入館料金と同じです。

※和歌文学館・大和文化財収蔵展示館との共通入館券のみになります。

※大和文化財収蔵展示館には、東氏が勧請した明建神社文書の一部も展示してあります。


 

■お願い

・ご来館にあたっては新型コロナウィルス感染症予防策を徹底してお越しください。

・ご入館の際には、マスク着用、手指消毒にご協力ください。また、入館者カードにお名前や連絡先等のご記入をお願いします。

・館内の人数を10人程度にしますので、状況によってはお待ちいただくことがあります。

・お住まいの自治体から移動自粛の要請が出ている地域にお住まいの方は、恐れ入りますがその要請に従ってくださいますようお願いします。

・館内では、お隣の方との距離を取ってください。マスク着用時でも、会話は極力控えてくださいますようお願いします。また、展示ケースには触れないでください。

 

■お問い合わせ

古今伝授の里フィールドミュージアム

電話(0575)88-3244(火曜定休)


2021年9月1日水曜日

【延期】郡上東氏800年・古今伝授550年祭 記念式典・記念講演会「中世の武士と和歌」

 ※岐阜県への緊急事態宣言が延長されたことから、9月20日に予定しておりました記念式典・記念講演会「中世の武士と和歌」は、来年3月21日に延期することとなりました。詳しくは近づきましたらお知らせします。ご理解のうえ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。


郡上東氏800年・古今伝授550年祭の記念式典と記念講演会を開催します。

なお、新型コロナウィルス感染症予防として定員を少なくする都合上、関係者をのぞいては郡上市民の方のみ、ご参加いただけます。参加を希望される方は事前に古今伝授の里フィールドミュージアムまでお申し込みください。


■期日

令和3年9月20日(月・祝)13時から15時30分(終了予定)


■会場

郡上市総合文化センター 文化ホール

(郡上市八幡町島谷207-1)


■定員

300名(※収容人数の半数とします)


■内容

□記念講演会「中世の武士と和歌」

命がけの戦乱に明け暮れる武士たちにとっての和歌とは何だったのか。そもそも日本人にとっての和歌とは何なのだろうか。

花の室町、力をつけた各地の新興の武士たちも、和歌、蹴鞠、茶の湯などをたしなみましたが、それはどういった理由からなのでしょうか。

鎌倉期以来の文学的伝統を誇る「郡上東氏」とはどのような存在だったのでしょういか。

室町後半から戦国時代にかけての、武士たちにとっての和歌、古今伝授の価値を、和歌の本質に立ち返りながら探ります。

 

・講師

小和田哲男氏(歴史家、静岡大学名誉教授)

佐佐木幸綱氏(歌人、早稲田大学名誉教授)

竹島一希氏(国文学者、京都府立大学准教授)

 

□記念式典

東氏ゆかりの市町である千葉市長様、香取市長様、東庄町長様らからご祝辞を頂戴する予定です。(新型コロナウィルス感染症予防のためビデオメッセージの方もいらっしゃいます)


■お申し込み

・郡上市民の方に限ります。

・先着順です。

・必ずお申込みください。

・お申込み時には、お名前、郵便番号、ご住所、電話番号(できれば携帯電話番号)をお伝えください。一度に2名様までお申し込みいただけますが、2名でお申し込みの場合は、もう1方のお名前、ご住所、電話番号などをお伝えください。

・次のいずれかでご連絡ください。

電話 0575-88-3244(古今伝授の里フィールドミュージアム、火曜休館)

メール kokin   city.gujo.lg.jp (cityの前に@を入れてください)

 

■新型コロナウィルス感染症予防対策へのご協力のお願い

・参加の際は、マスク着用、手指消毒、検温へのご協力をお願いします。

・参加にあたっては、おおむね2週間前から、感染リスクが高いといわれる行動を控えたうえでご参加ください。

・2週間以内に、発熱、咳などの症状が出た方は、念のため参加をお控えください。

・当日の参加者の方、同じ時間帯に同じ施設内にいらっしゃった方の中から、新型コロナウイルス感染症の陽性反応者が確認された場合は、お名前等を岐阜県等へ提供します。また、保健所の調査には必ずご協力ください。

 

■お問い合わせ

古今伝授の里フィールドミュージアム

電話(0575)88-3244(火曜休館)

【延期】岡田明彦ローケツ染教室作品展&麗しきチェンバロコンサート

※岐阜県への緊急事態宣言が延長されたことから、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、今秋の開催を取りやめ、来年5月に延期することといたしました。ご理解のうえ、ご容赦くださいますようお願いします。



初秋の古今伝授の里フィールドミュージアムに、光と風がよく似合う心躍るようなローケツ染の作品がそろいます。最終日には、精緻な装飾も美しい「チェンバロ」の音色とローケツ染作品が響きあうコンサートを開催します。


※これは今年5月に開催を予定していたものです。


■■ローケツ染教室作品展

ローケツ染教室で生徒さんたちが作った作品と、岡田明彦先生の作品が勢ぞろいします。古今伝授の里フィールドミュージアム「短歌の里交流館よぶこどり」の高い天井を生かした作品展示も楽しみです。ミュージアムカフェの季節の食材を生かした日替わり弁当などと一緒に楽しむこともできます。

■会期

2021年9月22日(水)から9月26日(日) 9:00~17:00

※最終日9月26日(日)は観覧は14:00まで。14:00以降はコンサート鑑賞者のみ入場可。

 

■会場

古今伝授の里フィールドミュージアム 短歌の里交流館よぶこどり

※期間中、ミュージアムカフェ&ショップは通常営業。喫茶を楽しみながら作品鑑賞していただくこともできます。ただし最終日はコンサートのため13:00でカフェは営業終了します。

 

■観覧料

無料

※ただしカフェを利用される場合は、飲食代はご負担ください。

 

 

■■チェンバロコンサート

チェンバロは、ピアノの祖先といわれる楽器で、バッハやビバルディなどバロック音楽の巨匠たちが愛し、数々の名曲が生まれました。弦をはじくことで音が出るため、とても優美で繊細な音色を楽しめます。ひととき夢の世界にいざなわれてみませんか。

 

■期日

2021年9月26日(日) 14:30~16:00(開場は14:00)

 

■会場

古今伝授の里フィールドミュージアム 短歌の里交流館よぶこどり

 

■料金

1,800円(当日お支払いください)

 

■定員

50名(先着順・定員に達し次第締め切ります)

 

■演奏者

明楽みゆきさん

 

■演奏予定曲

懐かしき木陰よ(ヘンデル)、目が覚めよと呼ぶ声がして(バッハ)、ハナミズキ、糸、いのちの歌、三美神(デュフリ)、ゆりの花咲く(クープラン)ほか

 

■お申込み先

古今伝授の里フィールドミュージアム TEL 0575-88-3244

※お申し込みの際は、参加する全ての方のお名前・ご住所・連絡先電話番号をお伝えください。

※参加にあたっては、下記の新型コロナウィルス感染症予防対策にご協力ください。

 

 

■■ローケツ染ワークショップ

初めての方でも大丈夫!複数の図案の中から好きなものを選び好きな色に染めます。あなただけの小作品を作ってみませんか。

 

■期日

2021年9月23日(木)24日(金)25日(土) 10:00~16:00(随時、予約者優先)

 

■会場

古今伝授の里フィールドミュージアム短歌の里交流館よぶこどりテラス席

 

■料金

2,500円(別途、完成した作品の配送料)

 

■時間

1~2時間程度

 

 

■■新型コロナウイルス感染症予防対策へ協力のお願い

関係するすべての方々のために、どうか次の事柄にご協力ください。

・マスク着用、手指消毒、検温にご協力ください。

・入館時には「入館者カード」に氏名・連絡先などをご記入ください。

・当日体調が悪い方は来場をお控えください。

・当日から遡って2週間以内に、発熱、のどの痛み、咳などの症状が出た方も、念のため参加をご遠慮ください。

・あらかじめ、感染リスクが高いといわれる行動を控えたうえで、ご来場ください。

・国やお住いの自治体から、移動の自粛が要請されている地域にお住まいの方は、参加をご遠慮ください。

 

 ■■その他

・今後の状況によっては、急きょ、内容を変更したり中止したりすることがあります。

・主催=ローケツ染作品展実行委員会(代表・岡田明彦)